日本語 / English

陰ヨガインストラクター養成コース
〜効果的な教え方とシークエンスの組み方〜 with Janet Lau(大阪)

event image

■全米ヨガアライアンス【40時間認定】5日間集中コース  


★Sold Out!満席となりました!★

コースについて

ご自身やあなたの生徒の方達のために一番適切で正しいストレッチ法とシークエンスを、自分で見つけられるようになる陰ヨガのメソッドと実践を組み込んだコースです。

コース内容

• 陰ヨガ理論
• 動きを止めてしまう二つの力:緊張と収縮
• ヨガの練習で知っておくべき14の関節
• 主なアサナグループとそれぞれの陰ヨガポーズの効果・目的
• ポーズに身を委ねることが一人一人の身体に効かせるコツ
• 効果のある目的に沿った陰ヨガのティーチングメソッド
• シークエンスの効果と理由

このコースで得られること

• 様々な陰ヨガポーズの目的をしっかりと理解することができる
• 自分の身体のクセや骨格を理解し、ベストな結果を出すためにポーズを改良することができるようになる
• 生徒さん自身が、自分の身体の特徴に合わせてポーズを調整できるよう指導できるようになる
• ちゃんと理由づけがある賢いシークエンス構成ができるようになる

スケジュール例

9:00 - 10:30 アサナプラクティス
10:45 - 12:45 講義
12:45 - 14:15 ランチタイム
14:15 - 16:15 講義/グループワーク
16:15 - 17:15 講義 / アサナプラクティス

※このスケジュールはあくまでも参考です。クラスの進度により若干変更する場合があります。

プラクティスと宿題

• ヨガアサナ
• 解剖学と機能的な目的を持ったポーズの個人及びグループワーク
• クイズ

予習(トレーニング開始前までに必須)

• DVD「ヨガワークス ヨーガのための解剖学(Anatomy for Yoga with Paul Grilley)」

【詳細】


日程:
2017年5月31日(水)~6月4日(日) 9:00-17:15

場所:スピリットヨガインターナショナルヨガスクール 5F
通訳:ミズノ カオリ(英語から日本語への通訳あり)
テキスト:オリジナルマニュアル 日本語もしくは英語からお選び頂けます。
料金:129,000円+税

※スペシャリストな講師・通訳をお招きしてテキストや資料を質の高いものを用意していることを考慮の上での料金設定となっております。
※ご入金頂いた方から予約完了となります。
認定書について: IMG_3800.JPG


【全米ヨガアライアンス500時間の40時間分の認定】
講師:Janet Lau
定員:26人
★Sold Out!
持ち物:着心地の良いヨガウェア、筆記用具、水

*録画録音機器の持ち込みはできません。
*ヨガマットは無料で貸出しいたします。
無料
説明会
日程:
毎週水曜15:30〜

★要予約
※水曜以外・または上記時間以外でもご予約可能です。ご希望の方はご都合の良い日時をお知らせの上ご予約ください。
※詳細・ご予約は下記予約フォームまたはお電話にてお問合せをお願い致します。

Janet Lau
ジャネット・ラウ

1-ED7_2069.jpg ジャネットは、香港在住の中国系カナダ人。
今年の春にスピリットヨガで行なわれたティーチャートレー ニングコースが大変好評だったジャネット先生。 彼女は、陰ヨガの創始者であるPaul Grilley氏とパワーヴィ ンヤサヨガの創始者であるBaron Baptisteのアシスタント です。彼女は、マインドフルネスと瞑想に関する本も出版し ており、彼女自身、多数の雑誌やメディアなどでも紹介され ています。ティーチャートレーニングやリトリートを世界中 で行なっています。また、日本最大のヨガイベント・横浜ヨ ガフェスタにもゲスト講師として、招かれており、日本でも 多くの支持を得ています。

ジャネットは、マインドフルネス(念)に強い興味を持ち、またその指導経験も豊富な認定指導者です。仏教学の修士号も保持しており、仏教と古来からのヨガの知恵をヨガの指導に取り入れています。生徒さん達のチャレンジすることに対しての理解、また生徒さん達に自身の肉体や精神を学ぶ機会を与えるべくアジア中を旅しています。
彼女は"Living with Yoga and Mindfulness"(中国語にて出版)の著者であり、2014年LifestyleAsia.comの香港で5本の指に入るヨガ指導者に選ばれています。

ホームページはこちら
yoga_alliance_side_banner_2014_jpn.jpg
  • Spirityogaosaka youtube
  • facebook
  • Twitter